【VAPE】Eleaf iStick Pico 25 with:ELLO Atomizer超初心者レビュー

ゅぅ/ Yusuke Akiyama

タバコをやめて6年。今さらタバコを吸いたいと言う気持ちは全く無いけど、「電子タバコ(VAPE)」には興味あった。

VAPEの世界は、色んなフレーバー(リキッド)があって、味が楽しめるだけじゃなく、MODやアトマイザーを変えて楽しんだり、ビルドと言って自分でコイルをセットして楽しんだりと、かなり奥が深い世界だ。

僕はまだ完全に初心者だから、ビルドとかはやったことがないけど、コイルの素材とか、巻数、高さとかでも味が変わったりして、遊び方は無限大のようだ。

多趣味な僕としては、VAPEは趣味としてなかなか面白いんじゃないか?と感じた。

ってことで、新たな趣味として定着するか試してみることにした。

ちなみに、完全に初心者だから、専門的な事は解説できないので、僕と同じように~「初心者でも使えるかな?」~と不安に思っている人に向けてこの記事を書いている。

開封の儀

今回購入したものは、ベイパーなら誰もが知っている、売れに売れまくってるiStick Picoの後継機になる。

以前のiStick Picoはデザインの都合上、22mm以上のアトマイザーを使うことができなかった。(電池カバーに干渉するため)

だけど、今回の『iStick Pico 25』は名前に『25』とあるように、25mmのアトマイザーを乗せることが出来るようになり、アトマイザー選びの幅が広がった。

Picoは温度調節が可能なBOXタイプのMODで、初心者から上級者まで満足させる懐のデカいやつだ。

ちなみに、今回購入したのは、アトマイザー(噴霧器)がセットになっているスターターキットなので、買ったらスグにVAPEライフをスタートさせられる。

本体

アトマイザー

付属品

内容品はこんな感じ

  • Stick Pico 25 MOD本体
  • ELLO Atomizer本体
  • HW1 Single-Cylinder 0.2ohm Headコイル
  • HW2 Dual-Cylinder 0.3ohm Headコイル
  • アトマイザー予備部品
  • 予備のOリング
  • 充電用USBケーブル
  • ユーザーマニュアルなどの書類

ショップさんが付けてくれた18650電池1本と日本語マニュアル(通常は付属していない)。

初心者さんが購入する時のポイント

マニュアルが全て英語になっていて、英語ができないと理解できない。

だから、購入する際は、日本語マニュアルを付けてくれているショップで買うのがオススメ。

あと、18650電池も付属しないので、電池も付けてくれるショップを選ぶと良いだろう。

ちなみに僕は、楽天ポイントが貯まっていたので、楽天で購入した。

下のリンクをクリックしてもらえば、僕が買ったショップさんへ行けるよ。

【あす楽】【送料無料】【電池付き】Eleaf iStick Pico 25 with ELLO電子タバコ バッテリー アトマイザー セット VAPE 電子たばこ

シリアルNoで正規品化どうかをチェックすることも出来るから、安心だ。

もう1つ!

リキッドも付いてないから、別途購入する必要があるので、注意ね!

ショップによってはリキッドもセットにしてくれてる所もあるから、探してみるのもありだ。

ちなみに、どんなリキッドが良いのか分からない人は、『べプログ』という国内最大級のリキッドレビューサイトがあるから、そこをチェックしてみると良いよ。

http://vapelog.jp/shop/

簡単な使い方解説

僕も完全に初心者だから、難しいことは分からない。

Picoはなかなかの高機能なMODだから、色んなモードがあったりするけど、イマイチ意味が分かってないので、解説はできない。

なので、僕と同じように初心者だけど、使えるかな?と思ってる人に向けて、簡単な使い方だけご紹介しておくよ。

まずは電池を入れる

本体上部のバッテリーカバーを回して外し、18650電池を入れる。

↑写真では分かりにくいけど、底に赤い+が見えるので、プラスを下にして電池を入れて、カバーをしっかり閉めよう。

すると自動で電源が入ってるはずだ。

リキッドチャージ

アトマイザー上部に「OPEN」の刻印があり、そこを押してスライドさせると、リキッドチャージする穴が出てくる。

その穴から、適量のリキッドをチャージしよう。8分目か満タンまで入れれば良いだろう。

後は、コイルにリキッドをなじませるために、10分〜15分ほど放置する。

出力を調整する

Picoは本体底部にある、+− のボタンで出力等を調整できる。

初めからセットされているコイルは、40〜80W推奨になっているので、その範囲に調整しよう。

初めは40Wにセットしておけば良いだろう。

後は好みで出力を調整して、自分の好きなポイントを見つけると良い。

吸う&エアーフロー調整

リキッドを入れて15分経てば、いよいよ吸うことが出来る。

MOD本体横にあるパフボタン(ファイヤーボタン)を押して吸い込む。

パフボタンを押している間だけコイルが発熱してミストが発生する。

ドローがかなり軽いので、MTL(タバコ吸い)─ タバコ吸いとは、一度口の中に煙を吸引してから肺に入れる吸い方の事 ─ はできない。

エアーフローを全閉にしても、タバコよりは軽いので、直接肺に吸い込む形になる(多分むせるけどね)。

ドローの重さは自分の好みに合わせて、アトマイザー本体の下方を回し調節する。

エアーフローでミストの量や味が変わったりもするので、色々試して遊んでみよう。

Kamry X6との比較

実は3年ほど前に、KamryのX6というVAPEを買ったことがあったんだけど、全く美味しくなくて、「こんなのいらねーや」と思って、押し入れにしまい込んでいた。

そして最近またVAPEに興味が出てきて、Picoを購入することにしたわけ。

だから、初めてのVAPEって訳じゃないんだけど、全くの別もだったから、「VAPEさんはじめまして」と言っても過言ではない。

X6は温度調整も3段階しかできなくて、最大でもミスト量は少なかった。しかも全く味がしない。。。

だからスグにやめてしまってたんだけど、今回のは違った。

こんなに味するんだ!」とビックリするぐらい美味しくて、止まらなくなってしまうぐらいだ。

だから、ペンタイプの安物VAPEを持ってるけど、イマイチだと思ってる人は、このスターターキット買えば、感動すると思うよ。

手軽に爆煙を楽しめるし、味もしっかり出るから、かなり満足すると思う。

まとめ

スターターキットというだけあって、買ったらスグに吸い出せるのは嬉しい所。

だから、初心者でも何の問題もなくVAPEデビューが出来る。

温度調整とか色んな機能が付いてるMODだから、中上級者向けかな?と思いがちだけど、初心者でも全然イケる。

というか、むしろこれからVAPEの魅力を知っていく上で、拡張性の高いPicoは初心者にオススメと言えるだろう。

温度調整とかが出来ない安物のMODを買ったとして、もしVAPEにハマったら、どうせ良いMODが欲しくなる。

それだったら、入門機としては文句なしのiStick Pico 25を買っておくと間違いない。

上級者でも愛用するMODだから、これからどんどんVAPE沼にハマっていくあなたの、良い相棒になってくれるだろう。

下手に安物を買うと、VAPEの魅力を感じること無くやめてしまう可能性がある。

なので、初めから良いものを買っておくのがオススメだ。

デザインも文句なしにカッコイイから、見た目だけで選んでも後悔はしないだろう。

(by ゅぅ/ Yusuke Akiyama)

この記事ええやんと思ったら
いいねしよう!

最新情報をお届けします

新着記事

もっと読む