子供が咳と発熱 ただの風邪じゃない?子供達がRSウィルスに感染した。

ゅぅ/ Yusuke Akiyama

長女が1週間ぐらい咳が続いていて、40℃を超える高熱が出たので、病院に連れて行った。

初めは「夏風邪でしょう」ということで、解熱剤だけ貰って帰った。

しばらくすると熱は下がったが、咳は止まらない。

「どうしたもんやろ?」と思っていたら、今度は下の子も熱を出して、長女も熱がぶり返してきた。

二人とも痰の絡んだ咳が続いていて、もう一度病院へ行くことに。

すると、検査されることになり「RSウィルス感染症」に感染していることが判明!

「おい!完全に始めのは誤診じゃねぇか?」と思いつつも、痰をきる薬を貰って帰った。

そこで、今回は「RSウィルス感染症」について病院で貰った冊子を元に、どんなものなのか解説していこう。

ただの風邪だと舐めてたらダメ!特に乳幼児は注意が必要なようだ!

RSウィルス感染症とは?

RSウィルスは、風邪の症状を引き起こすウィルスで、小児、特に乳幼児に多く見られる呼吸器感染症の原因になる。

要するに風邪の原因になる菌ってことだね。

鼻水、咳、発熱などの風邪の症状で始まるけど、乳幼児は気管支炎や肺炎にすすみやすい。

特に呼吸器や心臓に慢性疾患を持っている子は、重症化する可能性があるので、注意が必要になる。

RSウィルス感染症の症状

  • 鼻水と発熱
  • 痰(タン)が絡んだ苦しそうな咳
  • ヒューヒュー、ゼーゼーという呼吸音(喘息)

これらの症状がRSウィルスの特徴だが、一見普通の風邪のように思える。

これらの症状の変化には注意が必要で、細気管支炎や肺炎に進むと、呼吸困難になるので、気をつけて見守ってあげよう。

治療法と予防対策

今のところRSウィルスに直接効く薬はない。

なので、RSウィルスに感染した場合は、安静にして、十分な水分を摂るように気をつけるしかない。

痰をきる薬などを使って、症状を和らげるなど、いわゆる「対症療法」を行うことになる。

予防法

一番の予防は、ウィルスとの接触を避けることだ。

しっかりと、手洗い、うがいを励行して、特にRSウィルスが流行する冬は、出来るだけ人の混み合う所へは出かけないのが一番だろう。

大人でも感染する

RSウィルスは、年長児や成人になっても感染を繰り返す。

だけど、大きくなるに連れて、免疫ができて、軽くで済むケースがほとんどのようだ。

RSウィルスの検査方法

RSウィルス感染症かどうかの検査は、健康保険が適用される。

インフルエンザやアデノウイルスの検査と同じように、外来で簡単に検査できる試薬が出ている。

鼻水を使った検査なので、乳幼児でも安心して受けることが出来るだろう。

まとめ

いわゆる『風邪』の症状を引き起こす原因のウイルスで、鼻水、咳、発熱を引き起こす。

大人は特に心配ないが、乳幼児などは重症化する可能性があるので、注意が必要だ。

ただの “かぜ” とあなどらず、怪しいと思ったら一度診察してもらう事をオススメする。

(by ゅぅ/ Yusuke Akiyama)

この記事ええやんと思ったら
いいねしよう!

最新情報をお届けします

新着記事

もっと読む