ネットビジネスで稼げない人の7つの特徴。

ゅぅ/ Yusuke Akiyama

ネットビジネスをこれから始めてみたいという初心者の方に、まずは知っておいてほしい事がある。

それは、ネットビジネスで稼げない人の特徴と、その理由。

始める前にこの事を知っているだけで、ライバルよりもかなり有利にスタートすることが出来る。

今回紹介することを、やらないように気をつけていれば、多くの稼げていない人を軽々と抜き去ることができると思うよ。

では早速見ていこう。

特徴1:ネットビジネスを儲け話(裏技)だと思っている

まず大前提として、このマインドは絶対に捨てて欲しい。

ネットビジネスを、そこらに転がってる怪しい儲け話とか、お金が儲かる裏技のように思っていると、絶対に失敗するよ。

多分「ワンクリックで〇〇万円」とか「誰でも簡単」とか「ほったらかしで」とか「コピペするだけ」とか、、、

そういう誇大広告を見て、「ネットビジネスって簡単そう」って勘違いして始める人が多い。

しかもちょっと調べれば、「月収◯百万円稼いでる」とか「合計◯億円稼いだ」とかって情報がゴロゴロ出てくるから、余計簡単そうに感じるんだろうね。

でもね、ちょっと調べただけで、出てくるような人だから、それだけ稼げてるわけよ。

全然稼げてない人ってのは、表に出てこれない。検索に引っかかるような記事が書けないから、稼げないわけよ。

だから、ネットで目にする人たちってのは、検索で上位に表示させれる力を持ってるから、稼げてる人が多いわけ。

目に映る上っ面だけを見れば、皆んな稼げてるように見えるから「俺でもできそうだな」って安易に考えちゃんだよ。

でもその考えを持ってる限り、絶対に稼げるようにはならない!

だって現実はそんなに甘くないから。

稼げてる人ってのは、相当な努力をした人だよ。本人は努力したとは思ってないかもしれないけど、第三者から見れば、かなりの作業量と勉強量のはず。

今に比べれば、昔は多少稼ぎやすかったかもしれないけど、今でも稼げてる人ってのは、間違いなく努力の人。

だから「簡単に稼げるだろう」っていう心構えじゃ、理想と現実のギャップに心が折れて挫折することになる。

プロ野球とかサッカー中継を見て、「皆んな簡単そうにやってるから、俺でも簡単にできそうだな」とは思わないでしょ?

プロと呼ばれるようになる為には、尋常じゃない努力をしなきゃダメなことはわかってるはず。

その努力を続けられた人だけが、プロになれるってことは、理解してると思う。

だけど、ビジネスになると、なぜか簡単に出来てしまうと勘違いする人が多い。

そりゃ、スポーツでプロになるよりかは、かなり難易度は低いよ。センスとかは必要ないからね。

でも、ビジネスでお金を稼ぐってことは、プロになるってことだから、それなりの努力が必要なのは当然なんだよ。

ネットビジネスは名前の通り、ビジネスで、お金を稼ぐってことはプロになるってことだから、そのつもりで努力をする決心をしないと、稼げるようにはならないよ。

特徴2:飽き性で目移りしてしまう

「何事も、続けることが大事」だって良く聞くと思う。

継続は力なり

これはネットビジネスでも同じ。

一つのことに取り組みだしたら、最後(限界)まで、続けることが大切なんだよ。

だけど、すぐに飽きて(諦めて)、色んなものに手を出していく人が多すぎる。(僕も人の事言えないけど…w)

アフィリエイト一つにしても、トレンド(アドセンス)、物販、情報商材、サイトアフィリ、ブログアフィリ、メルマガアフィリ、オプトイン、とかって色々あるし、その中にも手法が色々ある。

他には、ドロップシッピングだとか、せどり、情報販売、輸入などなど…

ネットビジネスには色々あるから、「どれが簡単なの?」「どれが稼ぎやすいの」って次から次へと手を出していく人が多い。

だけど、これやっちゃうと稼げない。

だって、どれをとっても、簡単じゃないし、続ける必要があるから。

それをちょっとやっただけで、「このビジネスは稼げないな」とか言って、「もっと簡単に稼げるビジネスはないの?」と迷走をはじめる。

そういう人が、上で言ったような怪しい誇大広告に引っかかって、高額塾とかに入ってしまう。

でも結局稼げないから、次を探す・・・。

完全に、情報販売者のいいカモだ。

そうなる前に、気付かないとイケない。そのお金が、「ネットビジネスで月収◯百万円稼いでる」とか言ってる人のメシ代になってるってことを。

お金を稼ぐために始めたネットビジネスなのに、稼ぐどころか貢ぐばかりで減っていく一方になる。

そして最終的に、心が折れて諦めてリタイアする。

成功への近道

「これ」と決めたら、結果が出るまで続けることが、成功への1番の近道になる。

1年間続けて結果が出なくても、あと1週間したら成果が出だすかもしれない。

それなのに、辞めてしまったらモッタイナイでしょ?また初めからやり直しになっちゃわけだから。

ちょっと想像してみて。

ラーメン屋を初めて3ヶ月経ったけど、イマイチ客が入らないから、次は居酒屋を始める。

それもイマイチだったから、次は喫茶店。次は洋服屋、やっぱり車屋・・・。

こんな風に次々と店を変えていく人が居たらどう思う?

「頭オカシイやろ?」って思うでしょ?

ネットビジネスも同じだよ。コロコロ変えてくのは絶対にダメ。

1つの事に集中力を傾けて、結果が出るまで続けることが出来れば、あなたも「ネットビジネスで月収◯百万円稼いでる」とか言える人になれる。

トッププレイヤーは一点集中

その業界、その世界のトッププレイヤーと呼ばれる人は、それだけを続けてきた人でしょ?

ノーベル賞を獲るような人は、それだけに何十年って時間をかけてきた人だよね。

プロ野球とプロサッカーを両立してやってる人なんていないでしょ?

どれだけ運動神経バツグンでも、1つに集中しないとトッププレイヤーにはなれない。

スティーブ・ジョブズはこんな名言の残してる。

「やってきたことと同じぐらい、やらなかったことにも誇りを持っている。イノベーションとは1000のことにノーと言うようなものだからだ。」

一点集中。やらない事を決めることで、成功へ近づくことが出来るんだよ。

特徴3:頭でっかちのノウハウコレクター

知識だけは人一倍持ってるはずなのに、成功できない人はこれ。

実は、メチャクチャ当たり前のことなんだけど、いくら勉強して知識を蓄えたとしても、実践しないことには、絶対に成功できない。

知識は使って初めて意味を持つわけよ。

しかも、知識を付けすぎるのも、かえって足かせになる場合がある。

ビジネスとは、決断の繰り返し。

幾つかある選択肢の中から、最良と思われるモノを選んで選択していく事になる。

その時に、役に立つのが知識。知識があれば、他の人が思いつかないような選択肢を用意することが出来る。

選択肢を増やせるということは、その分成功できる可能性も上がる。

でも逆に、決断力がない人からすれば、選択肢が増えれば増えるほど、選ぶのが難しくなってくる。

知識がありすぎる弊害

例えば、「ネットビジネスをやろう」と思っている2人がいるとしよう。

Aさんは、事前にネットビジネスのことを調べ尽くして、どんな手法があって、どれが稼ぎやすそうかなどをしっかりと理解している。

一方Bさんは、「ネットビジネス=アフィリエイト」ぐらいの知識しか持っていない。

さて、Bさんは、迷うこと無くアフィリエイトでネットビジネスをスタートさせるよね?それしか知らないんだから。

一方Aさんはと言うと、どれをやろうか決めかねる可能性があるよね?

「アフィリエイトも良いけど、どうせならドロップシッピングで利率を上げたほうが…」みたいに。

この時点で、AさんとBさんとでは、差がついちゃってる。

その後、Aさんもアフィリエイトを始めたけど、「やっぱりドロップシッピングの方が良いかな?」とかって目移りしそうになる。

一方Bさんは、アフィリエイトしか知らないから、稼げてなくても、目移りすること無く、続けることが出来る。

半年後、どっちが成功してるかは言うまでもないよね?

ず〜っとアフィリエイトだけやり続けたBさんは多分相当稼げるようになってるはずだよ。

知識があればあるほど、選択肢が増えて、目移りしてしまう可能性も高くなるし、そもそも選べずに進めない可能性もある。

知識の穴(知識の罠)

知識が増えると、選択肢が増えるだけじゃない。

知識の穴が見えるようになってしまう。

知識のとは「自分が知らないこと」の事。

ちょっと哲学チックに聞こえるかもしれないけど、そうじゃない。

例えば、全くアフィリエイトの事を知らない人が、アフィリエイトの事を勉強しだすと、色んな事を知ることになるよね?

じゃぁ仮に「ASP」ってものを知ったとすると、今度はASPについて知らないことが出てくる。

だから、ASPについて勉強する。「どこのASPにどんな商品があって、報酬額はどうで…」って感じで。

次に「WordPress」と言うものを知ることになる。

するとWordPressについて、知らないことが山ほど出てくる。だから勉強しだす。

そうすると「何やらWordPressにはテーマというモノがあるらしい」という事を知る。テーマについて勉強しだす。

すると、「自分でカスタマイズすることできる」と知る。コーディングを勉強しだす…

こんな風にエンドレスで、自分の知らないことが出てくるから、その穴を埋めようと勉強を続けてしまう。

そうすると、どんどん当初の目的から逸れてしまって、全く前進できない事になる。

「アフィリエイトの勉強をしてたはずが、気がついたらコーディングの勉強に変わってた」ってことになりかねない。

これがいわゆる「頭でっかち」の状態。

アフィリエイトなんて、ちょっとの知識があれば始められるのに、「あれも知ってないと、これも知ってないと稼げない」とかって思ってると、一生始められない。

1つ穴を埋めたら2つ穴が見つかる。2つ穴を埋めたら4つ穴が見つかる…

エンドレスだから、知識の穴を埋める作業は後回しにして、今知ってる知識で勝負したほうが良いよ。

勉強が目的にならないように気を付けて。

勉強はあくまでも手段。成功するための手段なわけだから、しっかりと目標を見失わないように、目的とはズレてる知識は必要ないと取捨選択しよう。

特徴4:独学で続けてしまう

もちろん、独学だけで成功する人もいるけど、それは類まれなビジネスセンスと幸運を持ってる人だけだ。

僕たちのような凡人が、独学でやってもたかが知れている。

それだったら、成功者(先人)の知恵を借りて、一気にスタートダッシュを決めたほうが良いに決まってる。

実際僕も、アフィリエイトを始めた当初は独学でやってたけど、全く稼げなかった。

ある時、意を決して情報商材を買ってみたら、その月に1万円以上稼ぐことができた。

それぐらい、正しいやり方と間違ったやり方では差ができる。

続けることが大切だって言ったけど、間違ったやり方で続けていても成果は出ないよ。

でも正しいやり方なら、スグに結果が出るし、何年も芽が出ないなんて事はありえないと思う。

だから、我流で突き進むのも良いけど、さっさと稼げるようになりたいんなら、お金払ってでも、成功者のノウハウ(情報)を教えてもらった方が良い。

でも、信用できない人のノウハウは買っちゃダメよ。特に「〇〇塾」とかって何十万もするようなのを売ってる人は信用しない方がいい…。

まぁその辺は自分の価値観と直感を信じてみて。

特徴5:自分に投資しない

いわゆる「自己投資」ってやつができない人も稼げるようにはならない。

自己投資ってのは、勉強にお金を使ったり、作業環境を整えるためにお金を使ったりすること。

完全に、全て無料でやろうとしてる人は、なかなか成功できないだろうね。

最近は落ち着いてるけど、起業する前は、1ヶ月に5万円ぐらいは本とか教材を買うのに使ってた。

これは全部自分を成長させるための投資。

でもこの感覚を持ってない人は、その5万円をモッタイナイと思うだろうね。

「それだったらPS4買うわ」って。

そういう人は稼げないね。

自分を成長させるためのお金は絶対に惜しんじゃダメ。もちろん借金してまでとは言わないけど、それぐらいの気持ちは大切。

自己投資ほどリターンの大きいものはないよ。

絶対、将来何倍にもなって返ってくるから、どんどん自己投資にお金と時間を使おう。

「投資」という感覚が必要

例えば、売れっ子YouTuberって、メチャクチャお金使ってるでしょ?商品紹介にしろ、企画をやるにしろ。

あれって投資なわけよ。

再生数を増やして収益を上げるために、「まずは商品を買う」という投資をしてるわけ。

だから、アフィリエイトするにしても、全く使ったことのない興味もない商品を紹介しても、魅力が伝わらない。

全部が全部買う必要はないけど、やっぱり自分で使ってみて「良い」と思った商品をアフィリエイトするべき。

これも投資だよね。

きっちりと商品の魅力を伝えるために、実際に自分で使ってみる。

商品だけじゃないよ。

時間だって投資になる。何かビジネスをやるために実践してる時間ってのは、他のことができないわけだからね。

この時間を投資するって感覚も持ってないと、テレビ見ちゃったりとか、ムダにネットサーフィンしたり、ゲームしたりしてしまう。

ネットビジネスに挑戦するって事は、その時間を投資するってことだから、しっかりとリターンを得られるように努力する必要がある。

特徴6:自分のことしか考えてない

ビジネスをやる以上、お金を払ってくれる相手(人)が存在する。

そして、ビジネスの基本は、「相手の問題解決

もっと良くしたい、もっと早くしたい、もっと綺麗にしたい、もっと痩せたい、もっと格好良くなりたい、もっと賢くなりたい、癒されたい、元気になりたい、モテたい、有名になりたい、愛されたい、もっとお金が欲しい、などなど、、、

人間の欲求が尽きることはないけど、世の中の商品、サービスってこれらの問題を解決したり、欲求を満たしたりするためにあるんだよね。

だから、お金を払ってくれそうな人の気持が分からないと、稼ぐことが出来ないだよ。

自分の欲求だけを満たして、自分の問題だけを解決しようとしてる人ってのは、お客さんがどんな事を考え、何を思ってるのかを考えられないから、成功することは出来ない。

自分のことよりも、相手(お客さん、ユーザー)のことを第一に考えられる人じゃないと、ビジネスは上手く行かないよ。

ネットビジネスで成功する秘訣を1つ挙げるなら、間違いなくこの「共感能力」だろうね。

他人が何を考え何を思い何を求めているのか。

それを理解することができれば、確実に成功することが出来るよ。

特徴7:いつも責任転嫁する

何か起きると、自分の責任ではないと、他のものに責任を転嫁する人も、成功できない。

売れなかったら、商品のせいにしたり、お客のせいにしたり。

だけど、「ビジネスで起きる問題は全て自分の責任だ」と思うようにしないとダメだ。

仮に、最悪なお客に捕まって、理不尽なクレームを入れられたとしても、その原因を作ったのは自分だ。

その最悪なお客に売ってしまった自分が悪い。

サーバーがダウンして、売上を逃してしまったとしても、そのサーバーを選んだ自分が悪い。

そうやって、何か起きた時は全て自分の責任だと自覚することで、次に同じことが起きないように対策することが出来る。

他人のせいにしている限り、問題は他人にあると思うので、改善しようとしない。

それでは成功できない。

Appleだって失敗の連続

ビジネスは失敗の繰り返しで進んでいく。完璧なんてあり得ない。

Googleだって、Facebookだって、Microsoftだって、Appleだって完璧じゃない。

だから頻繁にアップデートしてバグを修正したりしてるわけだ。

見かたを変えれば失敗作をリリースしてるってことだよ。

でもちゃんと改善を続けて、もっと良いものにしようと頑張ってる。

それを、「これを完璧だと思わないユーザーが悪い」と責任転嫁していたら、アップデートはしなくなるでしょ?

そうなれば、オワコンになるのは当然のことだよね?

だから、何が起きても自分の責任と受け止めて、改善していく気持ちが大切になる。

まとめ

以上の7つが、稼げない人の特徴だ。

他にもあるかもしれないけど、今思いつくのはこんな感じ。

で、ものすごく重要な7つだから、これらを反面教師にして、実践していけばスグに稼げるようになるはず。

もし、現在ネットビジネスをやってるけど、稼げてないってい人、この7つの内、どれか当てはまってる項目がないか自分の胸に聞いてみて。

1つでも当てはまってたら稼げない可能性が高いから、早々に修正して、正しいルートに戻るようにして欲しい。

成功する方法を知ることも大切だけど、同じぐらい失敗する方法も知っておくことが大切だよ。

掛け算と一緒で、1つでもマイナスがあると、全てがマイナスになってしまう事もあり得るから、常に間違いが無いか確認しながら進んで行こう。

(by ゅぅ/ Yusuke Akiyama)

この記事ええやんと思ったら
いいねしよう!

最新情報をお届けします

新着記事

もっと読む